たけふ駅前中華そばについて…

たけふ駅前中華そばの定義…

  1. JR武生駅からチャリンコで11分以内で行ける距離にある
  2. おしながきに「中華そば」または「中華」と明記されている
  3. スープが透き通っている

たけふ駅前中華そばの3つの魅力…

【1】名前へのこだわり

 諸君は、知っているだろうか?「中華そば」と「ラーメン」の違いを…。

 実際には、大きな違いがないとされているが、我々は「中華そば」という名前に店主の強い「こだわり」を勝手に感じるである。

 なぜなら、もともと「ラーメン」は「中華そば」と呼ばれていた。そして、戦後、チキンラーメンの爆発的ヒットにより、「中華そば」の名は次々に「ラーメン」へと取って代わっていったのである。

 しかし、そんなブームに乗らず「中華そば」という名前を愛し、そして、昔からずっと「中華そば」という名前を貫いてきた、その心意気を「こだわり」と言わずなんと言おう!我々はこの「こだわり」に魅了されるのである!

 

【2】美しいフォルム

 想像してほしい…黄金のスープに浮かぶ、まばゆい「青ねぎ」。ビビットなカラーで食欲をそそる「かまぼこ」。さらに優しく横たわる「ハム」。そして、そこから立ち上がる、しなやかな「麺」。

 まさにこのフォルムに我々は、芸術のような美しさを感じるのである!諸君も必ずカメラのシャッターを押してしまうであろう!

 

【3】弱肉強食を生き抜いた「うまさ」

  越前市の駅前と言えば、遠く昔に国府が置かれ、政治・経済・生活の中心地であり、戦国時代には、あの前田利家も城をかまえ、城下町として人で賑い、今でもそういった歴史・文化を感じることができる場所として多くの観光客で溢れている。

 そして、そんな時代流れの中で人々の腹を満たすべく、多くの食堂が軒を連ね、そこで「越前おろしそば」「ボルガライス」という数多くのメニューが生まれたことは、容易に考えられる。

 そんな食の弱肉強食の中を生き抜き、未だに絶大なる支持を得ているのが何を隠そう「中華そば」なのである。すっきりとした味わいに奥深い風味を兼ね備えた、そのうまさは、食べたものだけにわかる魅力である。

 この「うまさ」こそ、今の日本、そして、諸君に力を与えるである!

 

たけふ駅前中華そばのお店一覧は、コチラ!

 

秘密結社中華Men'sへの「中華そば」の情報提供、活動取材依頼は、コチラ!