OSK × 獅子返し 

平成25年10月10日(木)

 

たけふ駅前中華そば関連の記事ではないですが、麺ペラーの独り言です。

 

10月7日といえば、毎年、福井県越前市野岡町のお祭りの日です。

そして、その日には「獅子返し」が行われます。

 

〜ここから引用〜

天正の頃、三里山に住む猪が、しばしば人里に現れては人畜に危害をくわえていた。

そこで朝倉の家臣で槍の名手清水源之進に猪退治を頼んだ。3頭の猪が現れ、この時しとめたのは1頭。2頭の猪はその後も危害を及ぼすので、村民と相談し大工の右門五郎に獅子頭を彫らせ、布をつけてかぶり、村民は鍬や竹槍を持ち、金たらいや太鼓・鍋を打ち鳴らして、「猛獣殺喜、猛獣殺」と叫びながら猪を追い払った。

 

この猪を退治する習わしが今なお受け継がれているのです。

 

そして、今年の獅子返しに、なんと、OSK日本歌劇団の方達がお越しになったのです!

以前、たけふ駅前中華そばとボルガライスでおもてなしし、今回は地元の獅子返しをご説明!今年はOSKの皆さんと関わることが非常に多い!嬉しいです!

 

早速、「獅子返し」の様子をご報告します!



越前市野岡町の獅子返しでは、ふんどし姿の男衆が天狗と獅子の頭を持って、町中を練り歩きます。

時間は19:00〜24:00と結構な長丁場!

しかし、町民もOSKの皆さんも夜遅くまで一緒に練り歩いてくれました!

地域の「つながり」を感じますね!



OSKの皆さんも、町民とすぐに打ち解けていただき、一緒に獅子返しに参加していただきました!

獅子に頭を噛んでもらうと、魔除けになり、ご利益があると言われております。

男役トップスターの桜花さんはじめ、多くの方が頭を噛んでもらっていました!

間違いなく、これからOSKさんの舞台は成功するでしょう!!

そして私、麺ペラーも、ふんどし姿でOSKの皆様と記念撮影!

少しでも、この野岡の獅子返しが今後の舞台の参考になれば幸いです!!

今年もたけふ菊人形」のグランドレビュー必ず見に行きます!!!

※今年は、獅子舞の場面がありますよ!!

そして、クライマックスには、いつもお世話になっているNHK福井の大橋アナウンサーも見に来てくれました!一番いい場面をいい席で見ていただいてよかったです!

ちなみに写真右は、地区公民館の館長さんです!いろんなところで油を売ってる、油売り(ガソリンスタンドにいます)です!

小さいときから、このような地区の大人に刺激されて育ってきました!

 

この獅子返しはこれからもずっと続いていきます。

毎年恒例の行事ですので、見に来た事がない方は、是非一度足をお運びください!

毎年10月7日です!

 

【たけふ駅前中華そばも忘れず、よろしくお願いします!!】